一般事業主行動計画

当社が継続的に発展していくため、ダイバーシティの推進を重要な課題と捉え、次の通り行動計画を策定する。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

1. 計画期間

2021年4月1日~2026年3月31日(5年間)

2. 内容

  • (1)全部署に女性総合職を配置する。(女性総合職の配置率を100%にする。)
    • 新卒入社後3年間の人事異動・育成方針を人事主導で実施
    • 女性の積極的採用・職群転換の実施
  • (2)時差出勤制度を規程化し、従業員の15%以上の利用を目指す。
    • 人事制度プロジェクトにて検討・制度化
    • 時差出勤制度をイントラネット上で公開・広報

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

1. 計画期間

2020年4月1日~2025年3月31日(5年間)

2. 内容

  • (1)子の看護休暇を取得できる期間を延長し、子育てと仕事の両立の促進を図る。
    • 子の看護休暇を取得できる期間を「小学校就学の始期まで」から「小学校3年生の始期(仮)」までに延長を検討し、規程の改定を行う。
    • 変更後の規程についてはイントラネットにより周知徹底を図り、会社をあげて次世代の育成を支援していく風土を醸成する。
  • (2)時差出勤制度を規程化し、ワークライフバランスの推進及び所定外労働時間削減を目指す。
    • 時差出勤(8:00~ / 9:00~ / 10:00~の3パターンでの始業開始)を規程化し、ワークライフバランスの実現や所定外労働時間削減を目指す。