コンプライアンス・ガバナンス

コンプライアンスへの取り組み

法令遵守や社会倫理の観点から、海外現地法人を含むツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等に対して、「ツルミグループ行動規範」を定めています。

企業活動の基本的姿勢

  • 企業活動において、関係法令、地域社会のルール、社内規則及び本規範等を尊守して、経営理念に基づいた企業活動に取り組む。
  • 業務上で知り得た個人情報は業務目的のみに使用し、プライバシーの漏洩や侵害が無いよう適切に管理する。
  • 基本的人権を尊重し、差別、個人の尊厳を傷つける行為や各種ハラスメントを行わない。また従業員の雇用の際、各国法令等を尊守する。
  • 全ての利害関係者との間で公明正大な関係を維持し、公正な取引を行う。
  • グループの信用や名誉の毀損行為、会社の正当な利益に反して自己または第三者の利益を謀る行為をしない。
  • 本規範に違反する行為、違反の恐れのある行為を知得した者は速やかに報告する。
ツルミグループ行動規範

コーポレート・ガバナンス体制

当社は「コーポレート・ガバナンス基本方針」を定め、株主さまをはじめとした全てのステークホルダーの立場を認識し、透明・構成・果断な意思決定を行うためコーポレート・ガバナンスを実践的なものとし、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を積極的に推進いたします。

コーポレート・ガバナンス基本方針

  1. 株主の権利・平等性の確保
  2. 株主以外のステークホルダーとの適切な協働
  3. 適切な情報開示と透明性の確保
  4. 取締役会の責務
  5. 株主との対話
コーポレート・ガバナンス