部門別の概況

国内部門

国内部門につきましては、建設機械市場におきまして、中国地方豪雨復旧作業向け汎用ポンプの需要が建機レンタル市場を中心に高まり、また後半にかけましては、台風災害対策ポンプの需要が増加し、全体としまして売上高は増加しました。
設備機器市場におきましては、工場設備・浄化槽向けの需要は比較的堅調に推移しましたが、水処理プラント関連、脱水機などの売上高は減少しました。
これらの結果、売上高は、137億7百万円と前年同期比4.9%の増収となりました。

海外部門

海外部門につきましては、北米市場におきまして、建設市場、鉱山市場は引き続き安定した状況で推移しました。
アジア市場におきましては、新興国の市況に依然不透明感がありましたが、インフラ工事の需要は引き続き増加傾向にあり、また、設備市場への販売が堅調に推移したことから、売上高は増加しました。
これらの結果、売上高は、53億72百万円と前年同期比8.6%の増収となりました。