ニュース

東京2020オリンピック・パラリンピック競技会場 『カヌー・スラローム会場ポンプ設備工事』を受注

2017/10/24

弊社、株式会社鶴見製作所(代表取締役社長:辻本治、本店:大阪市鶴見区)は、このたび、東京2020オリンピック・パラリンピック競技会場整備において、カヌー・スラローム会場のポンプ設備工事を受注いたしました。

本工事は、都立葛西臨海公園の隣接都有地に新しく整備される施設において、水中ポンプによって水路に人工的に流れを作り出し、競技を実施することができる国内で初めてのカヌー・スラロームコースです。
大会後は、このカヌー・スラローム会場を利用して、ラフティングも楽しめる、周辺の公園や水域と一体となったレジャー・レクリエーション施設となります。


東京2020オリンピック・パラリンピック競技会場 カヌー・スラローム会場のポンプ設備工事 《提供出典元:東京都オリンピック・パラリンピック準備局 ホームページより》

概要

1. 工事件名 カヌー・スラローム会場ポンプ設備工事
2. 発注者 東京都(小池百合子 東京都知事)
3. 工事場所 東京都江戸川区臨海町6丁目地内
4. 工期 平成29年10月6日から平成31年5月31日
5. 工事請負金額 737,640,000円(税込)
6.納入機器 ・揚水ポンプ:水中コラム式ポンプ(φ1350mm程度×4台)
・起流ポンプ:着脱装置付水中ポンプ(φ300mm程度×15台)

カヌー・スラローム会場のポンプ設備工事 ※本案内に掲載の製品写真はイメージであり、実際にご納入いたします機器とは外観・仕様は異なります。

ニュース一覧へ