コーポレート・ガバナンス基本方針

当社は、株主をはじめとした全てのステークホルダーの立場を認識し、透明・公正・果断な意思決定を行うため、コーポレート・ガバナンスを実効的なものとし、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を積極的に推進する。

  • 株主の権利・平等性の確保

    株主の権利を尊重し、株主の平等性を確保すると共に、適切な権利行使のための環境整備に努めます。

  • 株主以外のステークホルダーとの適切な協働

    ツルミグループ行動規範のもと、各ステークホルダー(お客様、仕入先、社員、地域社会等)との信頼関係の維持・向上に努めます。

  • 適切な情報開示と透明性の確保

    法令に基づく開示を適切に行うと共に、法令に基づく開示以外の情報においても主体的に発信し、透明性の確保に努めます。

  • 取締役会の責務

    透明・公正かつ機動的な意思決定を行うため、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。

  • 株主との対話

    株主とは、当社の長期安定的な成長の方向性を共有した上で、建設的な対話に努めます。

(1) 株主の権利・平等性の確保

  1. 当社は、株主の権利が実質的に確保され、また株主がその権利を適切に行使することができる環境の整備に努めます。
  2. 当社は、株主の実質的な平等性確保の観点から、少数株主等の権利の実質的な確保、権利行使が適切に行える環境や実質的な平等性確保について十分に配慮します。

(2) 株主以外のステークホルダーとの適切な協働

  1. 当社は、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のため、株主、顧客、取引先、社会、従業員等のステークホルダーとの間で良好な関係を築き、適切な協働に努めます。
  2. 当社は、これらのステークホルダーの権利や立場、利益等を考慮し、協働を確保するための「行動規範」を策定し、これを遵守、実践します。

(3) 適切な情報開示と透明性の確保

  1. 当社は、法令及び東京証券取引所が定める有価証券上場規程の定めに従い、重要事実を適時・適切に開示します。
  2. 株主、顧客、取引先、社会、投資家等のステークホルダーにとって有用な情報について、公平かつ適時・適切に開示します。

(4) 取締役会等の責務

  1. 当社の取締役会は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、会社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上を促し、収益力・資本効率等の改善を図るべく、下記を含む役割・責務を適切に果たすべく努めます。また、こうした役割・責務はいずれの機関設計の場合でも、等しく適切に果たすべく努めます。
    • 企業戦略等の大きな方向性を示すこと
    • 経営陣幹部による適切なリスクテイクを支える環境整備
    • 独立した客観的な立場から、経営陣(執行役員を含む)・取締役に対する実効性の高い監督を行うこと

(5) 株主との対話

  1. 当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、様々な機会を通じて株主と建設的な対話を持つことに努めています。
  2. 当社は、株主との建設的な対話を通じて、その関心・懸念に正当な関心を払うと共に、当社経営方針に係る理解を得る努力を行い、株主を含むステークホルダーの立場に関する適切な理解と対応に努めます。

(6) 附 則

  1. 本基本方針の制定・改廃については、取締役会が決定する。

以 上