テクノロジー:省エネ

ポンプの流体解析と高効率化

高効率化

ポンプの流体解析

流体解析を用いて、羽根車の圧力分布や速度分布を確認しながら羽根形状を最適化します。さらにケーシングとのマッチングを図ることで高流速化と高効率化の両立を実現しています。

ポンプのコンパクト化

コンパクト化技術(両吸込ポンプ)

3次元構造解析を用いた形状検討により肉厚を減らし、また、流体解析による検討により性能を確保しつつ小型・軽量化を図っています。従来と比較してポンプ質量を大幅に低減させています。

液封式ポンプの可視化

液封式ポンプは、ケーシングに対してインペラを偏心させて回転させることで、三日月状の気体層を生成し、気体を吸引・圧縮するポンプです。
気体と液体を同時に扱う気液2相流であるため、特性に影響するパラメータも多く、技術難易度が非常に高いポンプと言えます。
そして、気液境界面の形状はポンプ特性に非常に重要なパラメータであり、その技術解明を行い、信頼性を向上しています。

  • 液封式ポンプの作動原理

  • 液封式ポンプ流れの可視化技術

液封式ポンプの解析技術


  • 封液の速度ベクトル

  • 気液境界面の解析