ツルミグループ行動規範

Ⅰ.総 則

1. 目的

ツルミグループ行動規範(以下「本規範」という。)は、鶴見製作所及びそのグループ会社(鶴見製作所の子会社及び関連会社等(以下「ツルミグループ」という。)が「水と人とのやさしいふれあい」の経営理念を企業活動に展開していくにあたり、法令の遵守、社会倫理に則った行動をとるという観点から、ツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等の基本的な行動規範を定めたものです。

2. 適用範囲

本規範は、ツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等に適用します。ただし、当該グループ会社の所在する国や地域における法令、労働条件、価値観、商習慣及び取引条件等に準拠を要するときは、本規範に矛盾が生じない範囲で変更が必要と認められる場合は、鶴見製作所の取締役会決議によって変更できるものとします。

Ⅱ.企業活動の基本的姿勢

1. 企業活動への取り組み

ものづくりに携わる企業として「水と人とのやさしいふれあい」を経営理念として、柔軟な発想と豊かな独創性のもと常に前向きにチャレンジし、独自の技術で広く社会に新しい流れを生み出し、誠意と信頼の和を育み、人のこころに潤いを提供するよう努めます。

2. 関係法令等の遵守

全ての企業活動において、関係法令、地域社会のルール、社内規則及び本規範等を遵守し、国際通念、社会倫理、一般的なビジネス慣習に則るよう努めます。

3. 個人のプライバシー保護

業務上知得したお客さま、お取引先、従業員等の個人情報につきましては業務の目的のみに使用し、個人のプライバシーの漏洩及び侵害がされることの無いよう細心の注意を払うとともに、適切に管理します。

4. 基本的な人権の保護

全ての企業活動において、全ての人の基本的人権を尊重し、いかなる理由の有無にかかわらず、性別、年齢、出身地、門地、社会的身分、国籍、人種、民族、信条、宗教、疾病、障害などによる差別や個人の尊厳を傷つけるような行為を行いません。
また、セクシャルハラスメントとなるような言動及び行動を行わず、従業員の人格や個性を尊重し、能力を発揮できる安全で働き易い職場環境の実現に努めます。

5. 公正な取引

全ての利害関係者との間で、公明正大な関係を維持し、公正な取引を行います。

6. 個人のモラル向上

ツルミグループの信用や名誉を毀損するような行為をしません。そして、会社の正当な利益に反して、自己または第三者の利益を謀るような行為をせず、常に社会人としての自覚をもち、企業人としての規律ある行動をとるとともに、高い道徳観、倫理観に基づいた良識に従い行動します。

7. 社内通報の構築と運用

ツルミグループでは、本規範に違反した行為または違反する恐れのある行為を知得した者が、速やかに報告することを奨励し、このような懸念が速やかに報告され、適切に処理されるよう、適正な社内通報制度を構築し、維持していきます。
そして、誠実に通報を行った通報者を公正且つ丁重に取り扱い、当該通報者が違反行為に該当しない限り、通報者に対して一切の報復処置を許容せず、また可能な限り匿名性を維持します。

Ⅲ.社会との関係

1. 環境保全

ツルミグループは、環境保全に関係する法規制等を遵守することはもちろんのこと、「水と人とのやさしいふれあい」を経営理念として、環境改善活動に取組み、かけがえのない資源である水を有効利用するための製品を提供し「人にも地球にも心地いい快適工学」を実現することを環境理念として、当該環境理念を積極的に推進することで、ツルミグループの事業活動が環境に与える負荷の軽減を絶えず追求し、地球環境の保全に貢献していきます。

2. 寄付・政治献金

ツルミグループは、寄付行為を行う場合には、その内容や賛助方法等を明確にし、必要性と妥当性を十分考慮した上で関係法令等に則って行動します。
また、政治献金や政治活動等に関して、政治資金規制法、公職選挙法等の関係法令を遵守します。

3. 反社会的勢力及び団体への対応

ツルミグループは、秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切の関係を持ちません。

Ⅳ.お客さま、お取引先、競争会社等との関係

1. 安全で高い品質の製品及びサービスの提供

ツルミグループは、お客さまの安全を最重要事項として関係する法規制等を遵守することはもちろんのこと、「水と人とのやさしいふれあい」を経営理念として、お客様の品質要求を満足し、より優れた性能、安全性及び信頼性を持つ製品を製作し、納入することを品質方針として、当該品質方針を積極的に推進することで、安全で高い品質の製品及びサービスの提供に対して十分に配慮します。

2. お取引先との共存共栄

ツルミグループは、資材等の購入先及び修理・工事請負会社等のお取引先に対し、常時対等、公正な立場で接すると共に、関係法令及び契約内容に従って取引を行います。
また、当該お取引先に対し、優越的な立場を利用して不当な不利益を及ぼす取引を行ったり、購買等に関する職務を利用して、利益や便宜の供与を受けるなどの個人的な利益の追求を行いません。

3. 公正で自由な競争の維持

ツルミグループは、全ての取引先との間で、自由な競争原理に基づき、独占の禁止、公正な競争等に関する全ての法令を遵守した公正な取引を行うと共に、談合行為等、公正で自由な競争を阻害する行為、自由な競争を制限するような会合への参加や情報交換及びそれらの行為に該当するとの疑義を受けるような行為を行いません。 また、お客さま、お取引先、競争会社との関係は、常に公明正大なものとし、社会倫理に則った誠実な取引を行います。

4. 関係先との交際

ツルミグループは、お取引先等との接待、贈答品の授受に関し、健全なビジネス慣習、社会的通念に従った行動をします。
また、公的機関の職員(元職員を含む)等に対し、贈賄行為を行わないことはもちろんのこと、営業上の不正な利益を得るための利益供与、不合理的とみられる接待、贈答品の提供等は行いません。

5. 輸出入取引

ツルミグループは、製品及び技術等の輸出入取引において、各国の適用法令・規則等を遵守し、不正取引のない健全な輸出入取引を行います。
また、国際平和維持を希求する社会の一員として平和と安全を妨げることになる武器及び関連技術の輸出に関する各国の適用法令・規則等を遵守し、輸出にあたってはこの点を十分に認識し、企業活動を行います。

6. 適切な広報活動

ツルミグループは、適切な宣伝・広告等の広報活動及びその他営業活動を通じて、製品、サービスの品質、性能及び仕様等について事実と異なる表示や表現、またはお客さまに選択を誤らせるおそれのある不適切な表示や表現を行いません。

Ⅴ.株式関連

1. 企業情報の開示

ツルミグループは、株主、投資家の皆さまに対し、グループの経営内容や事業活動状況等の企業情報の開示については、関係法令に則って行います。
また、開示する企業情報の正確性を確保すると共に、機密保持の必要性を考慮した上で、適時、適正な手段により、情報の開示を行います。

2. インサイダー取引の禁止

ツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等は、職務や取引の過程またはその結果として知得したツルミグループまたは他社の未公表の情報を利用して、株式関連の取引を行いません。

Ⅵ.会社財産及び情報管理

1. 会社財産の管理

ツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等は、会社の全ての財産を社内規程等に則って適正に管理し、業務目的以外に使用しません。

2. 機密情報の管理

ツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等は、個人情報を含む会社の機密情報を厳重に管理し、在職中、退職後を問わず、開示、漏洩をしたり、不正または不当に利用しません。
また、業務上知り得たお客さま、購入先等のお取引先の情報を正当な目的以外に使用または開示、漏洩したり、不正な方法によりお客さま、お取引先、競争会社及び公的機関等の機密情報にアクセスし、またはこれを入手しません。

3. 知的財産権の管理

ツルミグループを構成する全ての役員及び従業員等は、営業秘密を含む知的財産権の重要性を認識し、他者の権利を尊重するとともに、自らの権利を守り、防衛します。

Ⅶ.付 則

1. ツルミグループは、この規範の管理責任者をコンプライアンス・リスク管理委員会の委員長とします。
2. ツルミグループは、コンプライアンス・リスク管理委員会を組織し、この行動規範に関する改訂案の策定、教育計画およびその実施状況のチェックを行います。

以 上