主要生産拠点:米子工場

大形揚排水ポンプ液封式真空ポンプ圧縮機の製造を担う米子工場。

私たち鶴見製作所米子工場は、『水とエネルギー』の時代に最適な機器を、さらなる高効率化をめざし、お客様にご提供します。
当工場ではライフラインを支える上水道、下水道、農地灌漑向けポンプや電力(火力・原子力・地熱発電関連)向けの復水器用液封式真空ポンプを始めとして、産業分野においては石油・化学工業向けに脱気・蒸留等に使用する液封式真空ポンプや各種気体を圧送する液封式圧縮機など、また近年では環境負荷を低減できるバイオ燃料の精製工程でも活躍する製品の製造を受け持っています。

米子工場

〒683-0851 鳥取県米子市夜見町2700番地
TEL:0859-29-0811
FAX:0859-24-0602

ISO認証取得状況

ものづくり力の向上を目指して

鶴見製作所米子工場では、CAD/CAM/CAEを推進し、流体研究棟の実験研究設備や材料試験・分析装置を用いて実測と解析を行い、よりよい製品をお客様に提供するため、ものづくり力の向上を目指しています。

  • ターニングセンタ

  • 五面加工機

試験エリア

保有水量3100t、水深11mの試験水槽を保有し、口径3000mmのポンプの試験が可能であり、米子工場にて製作される全てのポンプの性能試験を行います。

流体研究棟
  • 三次元測定器

  • 発光分光分析器

  • 万能試験機

研修棟/事務所棟

1Fが研修会議室、2Fが事務所となっています。
設計部門では、3DCADを利用し、効率的な設計を行っています。